ウォーターサーバーの電気代は電気ポットより安いです

image

私達の生活に欠かせない水ですが、毎日飲むならやはり良いお水を飲みたいものだと思うのも当然のことだと思います。きれいなお水といったらミネラルウォーターや浄水器などがありますけれど、最近有名となってきたものにはウォーターサーバーがあります。ウォーターサーバーに関して企業やスポーツジムなどでは導入しているところは多かったのですが、最近は個人の家庭で導入できるぐらいに手軽になってきました。

実際に導入してみようとするといろいろな点が気になると思いますけども、やはり一番気になるのはコストや維持費になると思います。まずは初期費用としてサーバー代がありますけども、こちらはお店で異なることがあり一概に言えないのですけれど、コース料金へ含まれていてサーバー代は無料になっているものが多く、こちらを選ぶとだいぶお得になります。またこれらのコース料金に関しては他にもあらゆるサービスがパックとしてなっており、その中でもメンテナンス代も入っているものがあり、こちらも個人の家庭で使う際ではあらかじめ入っているのを選ぶのが安全だと思います。

次に気になる費用としては水本体の値段ですが、大体が12リットル単位で値段は天然水なら1500円前後となっておりかなりお得となっています。それから天然水以外にもろ過水なども取り扱っている店もあり、その場合だとさらに安く提供されているのでこちらも考慮するといいでしょう。

さて最後に気になる費用の中に電気代というものがあります。

一般的なウォーターサーバーは暖かい天然水が出るといった機能が備わっているため、電気代も多少ですけど掛かります。ところが最近のウォーターサーバーに関しては省エネ機能を付けているといったところもおおく、大体平均して月に1000円程度となりますけど省エネ機能付きのものであるのならば半分くらいの500円程まで安くなるので、普通に電気ポッドを使うよりもかなりお得になるので、総合的に見れば天然水が温冷両方使えることもあってウォーターサーバーを導入した後に元は直ぐに取れるようになっています。